海産物処 ふじ田 静岡・島田から確かな味を家庭に届け続ける海産物処をご紹介

昔ながらの機械 ふじ田の外観

静岡県島田市。

大井川が流れ、江戸時代には東海道の宿場町として栄えたこの土地に、
味のある看板と濃藍の日除け幕が目印のお店があります。
この店の名は『海産物処 ふじ田』。
昭和44年に創業して以来、地元のお客さんに愛され続けてきた海産物屋です。

二代目の藤田嘉士(ふじたよしひと)さん
二代目の藤田嘉士(ふじたよしひと)さん

お話を聞いたのは、この店の二代目である藤田嘉士(ふじたよしひと)さん。

先代である父親の背中を見て育ち、高校を卒業すると上京。
専門学校を卒業すると、その後は東京の海苔問屋で3年間修業を積み、
島田市に帰ってきました。

そんな藤田さんは、店を継いだとき
創業者である父親の偉大さに改めて気づいたと言います。
「こんなに質の高いものを扱っていたんだなって」
そう、『海産物処 ふじ田』にずらりと並ぶのは、
静岡県内の新鮮な海産物をはじめとした、質の高い商品たち。

ずらりと並んだ海産物、乾物
ずらりと並んだ海産物、乾物

“確かな味”を届け続ける。

店内を見渡すと、駿河湾で獲れた「しらす」の釜揚げや
「桜えび」の釜揚げ、鰹節を100%使った天然のだしに手作りの
ふりかけなど……、どれもこれも、旨味がたっぷりのラインナップ。
創業当時から、質にこだわったものを仕入れているんだそうです。

中でも目を惹くのは、桶いっぱいの「鰹節」。
この「本枯節」の鰹節は、父親の故郷でもある御前崎の近海で獲れた
鰹を使用し、“手火山式”と呼ばれる伝統製法で作られています。

本枯節がどっさり
本枯節がどっさり

直火、燻しの“本枯節”。

手火山式とは、江戸時代から続く伝統的な鰹節の製造法です。また“火山”というのは、鰹をいぶして乾燥させるための焙乾炉のことですが、“手火山式”は、広葉樹を薪として使用し、直火で燻していきます。
これを何度も繰り返したのち、一本ずつに菌を付け長期間熟成させ、6~7か月の期間を経て、ようやく「本枯節」の完成です。

舌で溶けていくような鰹節
舌で溶けていくような鰹節

その仕上がり、明々白々。

出来上がるまで180日以上かかるこの製造方法は、
すべての工程が職人による手作業。

製造技術が進んだ現在では、全国でも珍しい製造法なんだそうです。
さらに、大量生産のために冷凍の鰹や遠洋で獲れたものを使わざるを得ない中、この御前崎の本枯節は、“御前崎近海”で獲れた“生”の鰹を使ったもの。
食べてみればその違いは歴然。風味や香りが引き出され、舌で溶けていくような鰹節に仕上がっています。

舌で溶けていくような鰹節
▲店の奥には数十年使われ続ける
鰹節削りの機械が
▼お店では菌を付けて
発酵させる前の「荒節」も扱う
舌で溶けていくような鰹節
釜揚げしらす 釜揚げ桜えび 本枯節

変えていきたい“日々の食卓”。

藤田さんは、小中学校などの子どもに向けて「利き海苔」をしたり
「ご飯のお供の一番」を選ばせるような催しを開いたりと、
食材に対して興味や意識が向くような活動も行っています。

それは、『海産物処 ふじ田』が扱うものが、鰹節をはじめとした
“ご飯のおとも”になるような商品だから。

「全部の食べ物の質を確かめながら食べるようになれば、
もっと食事って美味しくなる」

“普段の食卓をもっと美味しく、楽しくしたい”という思いは、
「いつもの」食卓を飾る『海産物処』の店主だからこその願いです。

shizumo スタッフレポート

「よろずやさん、ぽくなっちゃうんですよね」
そう笑う藤田さん。店内をよくよく見直すと、醤油や塩、お味噌など、海産物以外のものも棚に並んでいます。聞けば、海産物を買いに来るついでや、急に切らしてしまった時に近所の方が買いにくるのだとか。個人商店ならではのこんな出来事も、『海産物処 ふじ田』が地域に愛されている証。

一歩足を踏み入れると、迎えてくれるのは鰹節や出汁の香りと店主の笑顔。今日の味噌汁、朙日のご飯。作るのも、考えるのもちょっと楽しくなるような、そんなお店を見つけました。

Writer:ほた子

ショッピングカート買い物をするしずモ

カートに商品はありません
  • サイド:しずモライター
  • 大切にしたい名店1
  • しずモコラム2
  • 出店者募集中
ページの先頭へ戻る