ヒーローイメージ ヒーローイメージSP

磐田駅から県道を南に5分。
車を走らせると、牛のマークが印象的なお店が見えます。

その名も「お肉の専門店 むらかみ」。

出迎えてくれたのは、笑顔が素敵な村上琢也さん。
100年続く、老舗のお肉屋さんの5代目です。

「肉のむらかみ」の創業は大正8年までさかのぼります。
初代の村上権助が荷車一つから始めた
「村上精肉店」の創業から100年、
今ではお肉の卸、加工、販売までを手がけ、
地域の人に愛され続けています。

5代目の村上さん

5代目の村上さんは情熱とユーモアを持ち合わせた方

厳選されたお肉

店内すべて
毎日厳選されたお肉が並びます

肉の味噌漬け

愛され続ける人気商品のひとつ
「肉の味噌漬け」は絶品!

牛のマーク

どことなく愛嬌のある牛のマークが目印です

肉のむらかみのあたりまえ メーター 肉

「肉のむらかみ」は九州産黒毛和牛特約店であるため、
ショーケースには質の高い和牛がずらりと並ぶほか、飼料にこだわった地元の麦豚『極楽豚』
九州産の鶏肉、さらにアキレスや豚足など、珍しい部位の種類も多く取り扱っています。

店内にあるものすべてが、子どもに食べさせられる「安全なお肉」であること、
それが「むらかみ」の“あたりまえ”。

「(飼料などに使われる)添加物の影響は、大人より子どもの方が受けるから」と村上さん。
お店では安心・安全なものしか仕入れず、産地の視察も行っています。

エプロン 鶏 牛
品質の違い

▲ 最高といわれるA5ランクの中でも、更に品質の違いがあるそうです

地元の麦豚

▲ 飼料に輸入トウモロコシは一切使わず、麦類を主体に育てた地元の麦豚。
霜降りが多くコクがあります

今日のおかずもむらかみで

「肉のむらかみ」では、お肉以外にも多くのお惣菜を販売しています。

お肉屋さんの定番とも言えるメンチカツコロッケはもちろん、今晩のおかずになりそうな唐揚げポテトサラダ、おやつにぴったりのカレーパン、スイートドック……。
大人から子どもまでわくわくしそうなメニューがたくさん並んでいます。

お惣菜

一つ一つを店内で手作りしているという
多種多様なお惣菜は、主婦の強い味方です。

おまかせ下さい 唐揚げ
肉汁あふれる百年ハンバーグ 星1 星2 星3

2018年10月、「肉のむらかみ」が創業100年をきっかけに作った商品が“百年ハンバーグ”
初代が売っていた当時のハンバーグ、「焼きメンチ」のレシピをアレンジして、

現代に蘇らせた特別な一品です。

こんなふうに作っています 肉
ミンチ

黒毛和牛と遠州麦豚、あいびき肉のミンチ。

もちろん店内で行っています!

混ぜ合わせます

玉ねぎ、トマトピューレ、魚醤など、

特製の原料を混ぜ合わせます

丸くまとめて たまねぎ

最後は

一つ一つを丸くまとめてできあがり。

てのひら大のサイズです!

茶碗
できあがり 矢印 星4 星5 線左 線右
フライパン1つで出来上がり
ハンバーガー
ハンバーガー
吹き出し
湯気 星6 星7 フォーク ナイフ

作り方は、冷凍のままフライパンに水を入れて加熱するという簡単さ。
お肉を巻いてあることで肉汁が残り、また崩れ防止にもなっているそうです。
素材はもちろん無添加。ひとつひとつが手作りの、お肉屋さんのハンバーグです。

肉のむらかみの今までとこれから

一口にお肉といっても、牛、豚、鶏、それぞれの種類も飼育環境も千差万別
一頭一頭大切に育てられるものから、大量に生産するためにストレスフルな環境で育てられたものまで、すべてのものにバックグラウンドがあるのだと、村上さんは言います。
加えて、目の前の食品がどこから来て、どうやって作られてここに並んでいるのか、
「口に入れるものに対して、もっと意識を向けてほしい」とも。

「うちのハンバーグはすぐダメになるんですよ」と笑う村上さん。
それは、“便利な”添加物をまったく使用せず、“原点”の作り方を貫いているから。
さらに、一度完成した「100年ハンバーグ」も、原料の配分を変えるなど、
より美味しくなるように、今も試行錯誤を続けています。

品質は高く。美味しさは進化させながら、安全なものを。
「肉のむらかみ」の“原点”は、これからも変わることはありません。

スタッフレポート

お話をお聞きすると、村上さんのお肉にとどまらない、食品に関する膨大な知識が窺えました。近年問題に上がっている食品添加物のこと、商品に貼られる食品表示の記載のこと、工場で大量に作られる生産性重視の加工品のこと……。

「食べものって、社会そのものを作ってるじゃない」と村上さん。
「食の安全」という、当たり前であってそうでないもの。
日々の生活の中で、誰もが生きるために必要な「食」の一分野を担っている。
熱心にお話してくださる村上さんから、そんな責任感と誇りを感じました。

Writer:ほた子

ショッピングカート買い物をするしずモ

カートに商品はありません
  • 定休日のご案内
  • サイド:しずモライター
  • 201910_税率変更
  • 大切にしたい名店1
  • しずモコラム2
ページの先頭へ戻る