やさしいあいすくりーむ 静岡のアイスクリームメーカーサンオーネスト

いまスグ食べたいモォ~♪

ひんやりと冷たく、口に広がる
甘さに思わず頬がゆるむ、
みんなが大好きな“アイスクリーム”。

今回は「静岡の美味しい食材」が入ったアイスを作る会社があると聞きつけ、沼津市へ向かいました。

社長の吉井さん(左)と商品開発の高橋さん(右)にお話を伺いました。

静岡県のアイスクリームメーカー
「サンオーネスト」

沼津駅から車で10分の距離に「サンオーネスト」さんはあります。社名はSun=“太陽”honest=“正直”を組み合わせたもの。
太陽を浴びて育った、自然の恵みを活かしたアイスクリーム作りを大切にされています。

社長の吉井さん(左)と商品開発の
高橋さん(右)にお話を伺いました。

アイスの写真

全社員の心が込められてできた
アイスクリーム

サンオーネストさんの始まりはジェラートショップ。現在はそのノウハウを生かし、業務用を中心としたアイスクリームを製造しています。それから今日まで、多種多様のアイスを手掛けてきました。そんな中、2010年に今までの知識と技術を集結させた、「会社を代表するアイスクリームを作ろう」というプロジェクトが始まりました。

木々 木々

身体に、素材に、“やさしい”アイスクリーム

全社員が一丸となって取り組んだというそのアイスは「やさしいあいすくりーむ」
「やさしいしゃーべっと」と名付けられ、こだわりがたっぷりと詰まっています。

「いちご」は静岡県産のいちごをふんだんに使用しています
「いちご」は静岡県産のいちごを
ふんだんに使用しています
 

1.原材料

「やさしい」シリーズは、素材にとことんこだわって作られています。
例えば「やさしいあいすくりーむ」に使用されている牛乳は、静岡県東部にある“丹那牛乳”の低温殺菌牛乳。この牛乳は、一般的な牛乳よりも低温で殺菌処理をするため、牛乳本来の風味が保たれているのだそうです。
そんな「やさしい」シリーズは、その素材の良さを最大限に引き出すため、添加物は一切使用していません。原材料がいたってシンプルだからこそ、素材の味がそのまま楽しめます。

加工風景

2.製法

「やさしい」シリーズは、その製法にもこだわっています。例えば「クラウンメロン」は、メロンそのものの風味が楽しめるように、様々な工夫がされています。アイスに使うメロン果汁は、生のメロンを手作業で搾ったもの。工場に仕入れたメロンを、完熟になるまでひとつずつ手作業で確認し追熟したものを使っています。ひとつのアイスに入れるメロン果汁はなんと80%!まるでメロンそのものを食べているかのような、贅沢な味わいです。
そして、アイスの殺菌工程は、一般的に高温で行われていますが「やさしい」シリーズでは、じっくり長時間かけて行う「低温殺菌」を取り入れています。この方法により、素材の風味を残したまま製品にすることができるそうです。

アイスのパッケージ

3.作り手の気持ち

「やさしいあいすくりーむ」「やさしいしゃーべっと」は、添加物を使わず、素材の美味しさがそのまま楽しめるアイスです。その美味しさを保つため、たくさんの手間をかけて作られます。その手間はなによりも、作り手の“食べる人のことを思う気持ち”からきているのだそうです。

素材 素材

素材に自信があるからこその努力

「やさしい」シリーズは全7種類。そのどれもが、素材にこだわって作られています。しかし、良い素材を組み合わせて作っているため、それぞれの分量の調整はとても難しいのだそうです。
「良い素材すべての味を知ってもらいたい、どの素材の風味もおろそかにしたくない。」だからこそ、素材それぞれの味が打ち消しあわないように、調整を繰り返すことで絶妙なバランスを作り上げました。それは、今まで多種多様なアイスを製造してきたからこその、長年の業が成しえたものでした。

受賞歴
・やさしいあいすくりーむ バニラ 2010年 最高金賞
・やさしいしゃーべっと クラウンメロン 2011年 金賞

作業工程

みんなで育て上げるアイス

「やさしい」シリーズは、たくさんの人の手を介して作られています。例えば、長時間かけて行われる低温殺菌、手作業で行われる果物の処理、充填、梱包など…。繊細な手作業によって品質が守られています。このように製造に関わる全ての社員ひとりひとりの愛情がたくさん詰まっているのが、「やさしい」シリーズなのです。

直売所

地元の方に愛される会社を目指して

「やさしいあいすくりーむ」「やさしいしゃーべっと」を、もっとたくさんの方に知ってもらえたらと、2016年に新しい直売所ができました。もともとは会社の玄関先にあったという直売スペースを、新しく設置した直売所へ移したのだそうです。直売所のお客さんにはリピーターの方も多く、時には「こんなものを作ってほしい」と直接リクエストをもらうこともあるそうです。このようにサンオーネストさんは、対面だからこそできるコミュニケーションも大切にしています。

風景写真

これから

サンオーネストさんが作っているものは、“ひとの笑顔を作り出すもの”。老若男女問わずいろんな方に、様々なシーンで楽しめるサンオーネストさんの「アイスクリーム」は、全従業員の“やさしい”思いが込められて作られています。「ひとが幸せになってくれる商品をつくり、笑顔に触れることができるのは、従業員のおかげ」と社長の吉井さん。「これからも、素直な美味しさにこだわったアイスを作り続け、ひとりでも多くの方へ味わってもらえたら」と話してくれました。

shizumo スタッフレポート

「工場」というと、原材料の処理から加工まで機械で行われているイメージがあったため、メロンの果汁をひとつひとつ手作業で搾っていると聞きとても驚きました。繊細な美味しさを持つ、サンオーネストさんのアイス。その秘密は、人の手が入る製法だからこそ作られる“品質”と“愛情”によって、生み出されているのだと感じました。

ショッピングカート買い物をするしずモ

カートに商品はありません
  • 年末年始案内
  • 定休日のご案内
  • サイド:しずモライター
  • 大切にしたい名店1
  • しずモコラム2
  • クラウドファンディング協賛者様紹介
ページの先頭へ戻る